サマッチ

他のカテゴリの知恵袋を探す

はじめての方へ

友達関係で悩んでいて、もう学校にいきたくない、そんなときはカウンセラーに相談してみよう!



カウンセラーに相談して、自分がどうしたらいいのか答えを一緒に見つけよう!


当たり前のように迎える朝、慌ただしく過ぎる時間。そんな、多くの人々にとって短い時間に「学校へ行きたくない」と悩んでしまうこと、ありますよね。
家族は毎日支度をして出掛けていくのに……。学校へ行くために協力してくれるのに……。皆は通勤通学しているのに……。罪悪感に苛まれる方も少なくないでしょう。
学校へ行きたくない、そう思うことは決しておかしなことではありません。様々な理由や要因があって、自然と浮かぶ心のサインなのです。
そんな心のサインが表れた時は、どうすれば良いのでしょうか。
一人きりで悩んでいる……どうにも出来なくて苦しい時、対処法の一つとして「カウンセラーに相談する」という方法があります。
カウンセリングとはどういうものかというと「カウンセラーによる心の援助行動」です。
では、心の援助行動とは一体何なのでしょう。それは、悩みを抱えたクライエントの心に寄り添い、お話を傾聴し、対話を通じてクライエントの方の心の援助をする行為のことです。
骨折した時にギプスなどを使うように、弱ってしまった心に寄り添い、自立出来るように援助していくのがカウンセラーの役目です。
あくまで主体は相談者さん本人ですので、無理に話したくないことまで話す必要はありません。
学校へ行きたくない・行けない……心を占める大きな悩みなのに、一人で悩み苦しんで抱え込み続けてしまえば、いつか心が折れてしまうかもしれません。
上手く話せなくても大丈夫です。心に詰まった感情を、少しでも楽にするために。悩まれている方には、カウンセリングをおすすめします。


友達関係のよくある悩みとは?




尽きない友人間の悩み……。様々な出来事や要因、しがらみによって、現代の私達は一人で消化出来ない程の悩み事を抱えています。
それらは一体どのようなものがあるのか、順番に例を挙げていきたいと思います。



  クラスや部活やSNS、友人関係は多様な面で存在している


今の時代は、学校で過ごすクラスや部活動に加え、SNSなども存在しており、友達と過ごす時間も増えているのではないでしょうか。
クラスメイトとの時間・部活動での時間・SNSを通じての時間。どれも貴重な体験であり、人によっては充実した時間とも言えるものです。
しかし、友人関係が多様化することで、それぞれに割くエネルギーが必要となるのも事実ですよね。
特に友人間で問題が起こっていなくても、エネルギーは日々消費されていると考えてみましょう。


  周囲に合わせるのが苦痛、疲れてしまった


学生にとって、学校生活は一日の大半を過ごす場所です。そこで円滑に過ごすためには、上手く周囲に馴染むことも時には必要となります。
友人関係は、大体の場合は好きな音楽やファッション、漫画など共通の話題がきっかけで築かれていくものですが、例え趣味が似ていても好みが全く同じ人間はいません。
仲の良い友人から勧められる音楽を聴いてみたけれど、好みではなかった……。友人が好きではないゲームの感想を催促してくる……。
友人と出掛けるのに自分の好みと友人達の好みのファッションが違って浮いてしまうから、仕方なく好みではない洋服を買うようにしている……。
こんなことも珍しくはありませんよね。そうして無理して合わせるのを続けるうちに、心は疲れていってしまいます。


  すぐにラインを返さないとハブられるなど、付き合いが息苦しい


初めの項目でも触れましたが、現代社会ではスマートフォンが普及し、友人間のやり取りもラインを通じて行われることが増えました。
ラインの機能で特徴的なのが「既読」機能で、すぐに返事をしなければ「既読無視」未読のままにしておけば「未読無視」という言葉が存在しています。
それぞれ家庭での生活があるのにかかわらず、グループによってはすぐに返信を送らないとそれが原因で無視をしたり、グループから除外するという話もよく耳にします。
学校から離れても友人関係に囚われる生活は、とても息苦しいですよね。しかし残念なことに、これもよくあることの一つなのです。


  上手く馴染めなくなってしまった、孤立するようになってしまった


友人関係とは、常に一定の線が続くように繋がっているものではありません。日々、些細なことがきっかけで変化の訪れるものです。
それまではクラスや仲の良い友人グループに馴染めていたのに、ある日突然小さな出来事があって馴染めなくなってしまったり、少しずつ距離を置いたり置かれたりして孤立してしまうこともあります。
何かきっかけがあった場合でも、例えば誤解があった等であれば誤解をといて仲直り出来る場合もありますが、どうしようもなく些細な認識のずれだったり、自力ではどうにも出来ない場合は解決が難しく感じることも……。
特に孤立してしまうと、学校へはますます行きづらく感じます。自分の居場所がないと感じる場所へは、誰だって足を踏み入れるのが怖いですよね。


  いじめを受けるようになってしまった


上の項目から更に発展して、友人関係だった筈なのにいじめを受けるようになってしまう場合もあります。
いじめる側が大きく分けて二つあり、これまで接点のなかったクラスの発言権の強い人物に目をつけられてしまう例もあれば、仲良くしていた友人達からいじめを受けてしまうことも……。
そのどちらもつらいもので、前者だった場合でも仲の良い友人達は自分がいじめられないために「標的」から離れますし、後者は仲が良かったからこそプライベートな部分も知られているため、いじめの内容も陰湿になりやすいです。
いじめの内容は様々で、男女によっても変わりますし、学校内だけに留まるものもあれば、SNSにまで発展する場合もあります。そのどれもが、いじめを受ける側の心を深く傷つける行為です。
そのような状態で、どうして学校へ自ら行きたいと思えるのでしょうか。いじめは早急に対処が必要で、かつデリケートな問題です。


学校に行けなくなってしまったら 




学校に行けなくなってしまったら、どうしたら良いのでしょうか。
閉じ籠っていても自分のためにはならない……誰でもない、本人であるからこそ、痛いほどわかっていますよね。けれどもそれ以上に、学校へ行くことが苦痛なのです。
苦痛があるままでは、学校へは行きづらいものです。まずはその苦しみを取り除くことが必要です。そのために、カウンセラーの力を借りることをおすすめいたします。
友達関係だからと二の足を踏まず、相談しても大丈夫です。あなたにとって深刻な悩みであることに変わりはないのですから。
カウンセリングと言っても、どのようなことを行うのか不安に思う方もいるかもしれません。
一番初めに申し上げた通り、カウンセリングとは「カウンセラーによる心の援助行動」を指します。
悩みを抱えて苦しい時、ストレスを感じて辛い時、一人で悩んでいると心は重たくなってしまいます。
そんな時、いつも出来る判断が鈍くなってしまったり、自分なんて価値のない人間だ……と追い詰めた考え方をしてしまうこともあります。
カウンセリングでは、そんな悩みを抱えたクライエントの心に寄り添い、対話を通じてクライエントの方のココロを援助していきます。
主体は相談者となりますので、カウンセラーから「こうすべき」など心に負荷のかかるアドバイスなどは原則行われません。
ですので、安心してカウンセラーを頼って欲しいと思います。


友達関係に悩んだ時は、カウンセラーに頼ってみよう! 


友達関係は、とても一言では言い表せない、様々な関係の絡み合ったものです。だからこそ、一人きりで悩まずにカウンセラーへ相談してみましょう。
カウンセリングを受けることで、一人ではないと知ることが出来ます。一人きりではない、それを知るだけで小さな助けになるかもしれません。
また、今まで一人で抱え込んできたものを話すことで、心に背負った荷を降ろすことが出来て、心が軽くなります。
そして、これから生活していくために「どんな方法があるのか」一人きりではなく、カウンセラーと一緒に考えていくことが出来ます。
「行きたくない、行けない」と立ち止まり続けるのではなく、人に話すことで「変化」の一歩を踏み出せる……それがカウンセリングによる効果です。
こうして調べ物をしている今も、あなたは確実に「変化」の一歩を踏み出しているのです。
あなたは一人きりではありません。前に進もうとしている勇気を自分で認めるためにも、もう一歩踏み込んで、カウンセリングを受けてみませんか。






「カウンセリング人間関係」を業者に依頼するといくら?