サマッチ

他のカテゴリの知恵袋を探す

はじめての方へ

心理カウンセラーとはどんな人が行っているのか



便利で豊かな暮らしを享受できる一方で変化が激しくストレス社会と言われている現代。
色々なストレスで悩みを抱えて困っている人に、医療現場・福祉施設・教育現場・企業・カウンセリング施設などで、心理学の知識と経験を用いて相談者の話を聞いて、相談者が抱える悩みを解決へ導く手助けを行うのが心理カウンセラーです。
ただ、日本では心理カウンセラーやカウンセリングに対して、まだ消極的なところや詳しく理解されている方が少ない事もあり、カウンセリングに通っている人やカウンセリングを受けようか考えている人に対して「心のどこかに悪いとことがあるの?」や「心に問題でも?」や「カウンセリングを受ける自分は弱い人間だ」などマイナスなイメージを持っている人が多くみられます。
しかし、欧米ではこれといったストレスや悩みを抱えていない人でも普段からカウンセリングを利用されている人が多いです。
それは、普段の自分を知っておくことで、ストレスを感じた時の自分の状態を知れる、仕事へのモチベーションやパフォーマンスを上げたい時や今より魅力的な人間になるためなどに利用されます。中には、ストレスや悩みを抱えてカウンセリングを利用される人もいます。
そのため、カウンセリングを利用することは決してマイナスなことではありません。
今回は少しでも多くの人に心理カウンセラーやカウンセリングについて知ってもらうためにご紹介していきたいと思います。





心理学について学び資格などを取得し、カウンセリングルームを開設し心理的援助行動を行っている方


最初に心理カウンセラーは、大学・専門学校・通信教育などで心理学などを勉強して心理関係の資格を取得して、医療現場・福祉現場・教育現場・企業・公的機関・自分の家や店・カフェ・電話などでストレスや悩みを抱えている人に心理的援助を行います。また、心理カウンセラーは就業場所や取得している資格によって名称が変わります。例えば、臨床心理士・産業カウンセラー・スクールカウンセラーなどがあります。




心理カウンセラーの仕事内容について




心理カウンセラーの仕事は、カウンセリングや心理テストなどを行ってストレスや悩みを抱えている人に心理的援助を行うのが主な仕事になります。
まず、心理的援助ついてですが、いろいろな表現があるかと思いますが、ストレスや悩みを抱えている相談者の心の成長を支えるとなるのではないでしょうか。
多くの人がカウンセリングを受ければ解決方法を教えてもらえるとイメージされると思いますが、ストレスや悩みを抱えた相談者のモノの見方・考え方が変化したり、自分の気持ちの再認識や今まで見えていなかった新しい事に気がついたりする事がでできるように援助を行うのが心理カウンセラーの役割です。
中には、心理カウンセラーが選択肢の用意や提案をする事はありますが、最終的には相談者が選びます。
選ぶ基準は、相談者が納得できるかどうかです。相談者のストレスや悩みに対して肩代わりや直接的なアドバイスをしたことで、一旦解決をしたように見えても本人の感じ方が変わらなければ、また同じストレスや悩みで困ってしまい根本的な解決には至らない事もあります。
心理カウンセラーは、相談者自身の気持ちを確かめるように話を聞いて答えを教えるのではなく、相談者自身が答えを見つける場を提供するのが心理カウンセラーです。




心理カウンセラーの資格について


心理カウンセラーの資格はいろいろあり、その中で有名な資格についてご紹介したいと思います。公認心理師・臨床心理士・産業カウンセラー・認定カウンセラー・スクールカウンセラーがあります。





  公認心理師


公認心理師は心理系資格で初めての国家資格です。2017年9月1日に施工され1回目の試験が2018年9月9日に実施されるという、まだ新しい資格です。
ただ、臨床心理士という民間資格が公認心理師に変更されたわけではありません。
新しく国家資格として公認心理師が誕生した資格です。今後、臨床心理士のように心理関係の資格で代表的な資格となると思います。
仕事内容としては、臨床心理士とほとんど同じですが、医師との関係に若干違いがあります。
公認心理師は、相談者に主治医がいる場合は、その医師より指示を受けて仕事を行います。
臨床心理士は、医師と連携して仕事を行います。




  臨床心理士


臨床心理士は国家資格と思われがちですが、実は民間資格です。
臨床心理士は民間資格の中で取得条件が一番難しく、カウンセリング業界では、とても有名な資格です。臨床心理士を取得しているカウンセラーは病院などの医療現場・児童相談所・心身障害者福祉センターなどで働いている人が多いです。
中には、経験を活かして独立開業をして自分のカウンセリングルームを開設したり、カフェ・喫茶店や電話などでカウンセリングを行ったりする人もいます。また、個人で活動している人の中には恋愛や結婚生活に関する悩みを心理的援助を行っている人もいます。
恋愛や結婚に関するカウンセリングは電話やメールなどでも行っているので結構人気です。




  産業カウンセラー


産業カウンセラーは、公的機関や民間企業で働く人が抱えているストレスや悩みに対してカウンセリングを行い問題解決に導くためのサポートを行います。
主な仕事内容は、メンタルヘルス対策へのサポートとキャリア開発のサポートを行います。
近年では、働いている人がストレスや悩みなど心の問題を抱えている人が多く、鬱病で長期間休職、最悪自殺する人がいる事問題になっています。また、働いている人のほどんどが一度は、キャリアアップや能力開発に関する悩みの壁にぶつかると思います。
このような人達にカウンセリングやアドバイスなどを行って健やかな社会生活を送れるように心理的援助を行います。




  認定カウンセラー


認定カウンセラーは、臨床心理士や産業カウンセラーに次ぐ認知度の高い資格だと思います。
認定カウンセラーの資格を取得している人は、医療・福祉・教育・企業などでストレスや悩みを抱えて困っている人の心理的援助を行います。




  スクールカウンセラー


スクールカウンセラーは、小学校・中学校・高校・大学など教育機関で、生徒・生徒の親・教師が抱えるストレスや悩みの解決ができるように心理的援助を行います。スクールカウンセラーとして働くカウンセラーの多くは臨床心理士の資格を保有しています。
また、元精神科医や元教員の人います。その理由は、実はスクールカウンセラーという資格名称がないからです。




自分にあう優秀なカウンセラーの探し方





  周囲にカウンセリング経験者がいれば聞く


もし、あなたの友人など周りにカウンセリング経験者がいればカウンセリングについて気になる事を聞いてみてください。
もしかしたらお勧めのカウンセラーを紹介してもらえる可能性もあります。




  インターネットで検索


カウンセリングは1回受けただけで良くなったと思える人もいれば、何回か受けてみて良くなる人など人によって様々です。
そのため、長期間カウンセリングルームへ通えるように、自分が通いやすい範囲のカウンセリングルームを探しましょう。
あまりにも遠い場所のカウンセリングルームだと継続して通うことが困難になるので、自分の住んでいる地域や職場の近くのカウンセリングルームを探すことがお勧めです。




  経歴・資格・料金を見る


あなたが見つけたカウンセラーが、どのような経歴があり・どんな資格を保有しているか・料金はいくら。を注目してみてください。
カウンセラーの経歴があまりにも短い・資格を保有してない・料金があまりにも他のカウンセリングルームより高い。
と少しでも何か引っかかることがあれば少し考えた方が良いです。




  口コミを調べる


ある程度候補を絞り込んだなら、次は候補であるカウンセラーやカウンセリングルームの口コミを調べてみてください。
カウンセラーやカウンセリングルームのホームページに口コミがあると思います。
ただ、ホームページに記載されている口コミは、カウンセラーにとって都合の良いものだけしか記載されていない可能性があるので、ネット掲示板などいろいろなところから口コミを探すこともお勧めです。




  ホームページや電話対応からの印象


カウンセラーによってホームページ・ブログ・SNSなどで自分自身の情報発信をしていることもあるので読むことをお勧めします。
実際にカウンセラーと会う前はホームページなどを確認してください。
お金儲けの事しか考えてないようなカウンセラーだど、相談者に何らかの商品を売るような感じの文章や誇大広告ばかりです。
また、ホームページなどがなければ、電話対応の様子を確認しましょう。親切か適当に対応してるかは、電話越しでもわかります。
電話対応が良ければ、初回カウンセリングを受けに行っても良いかもしれません。
初回カウンセリングが良かったら、次の予約を入れてもいいですし、悪かったら他を探しても問題ありません。




  受容的態度・傾聴的態度・共感的態度


優秀なカウンセラーは、相談者であるあなたの話を受容的態度・傾聴的態度で聞いてくれます。また、共感的態度であなたの立場に立って考えてくれます。
優しく、思いやりの態度で接してくれたり、相談者の話す事について否定しないで肯定してくれる。相談者に心から共感してくれるカウンセラーは、決してないがしろにすることなくカウンセリングに対応してくれます。




  状況をわかりやすく言語化してくれる。


優秀なカウンセラーなら、あなたの現在陥っている状況について、専門的な言葉はあまり使わずに、一般の人でもわかる言葉で説明してくれます。
経験不足・知識不足な名ばかりカウンセラーの場合、見当違いな事や曖昧な事を言います。
中には、専門用語や難しい表現でその場をごまかそうとするカウンセラーもいるでしょう。このカウンセラーは優秀か名ばかりカウンセラーかと悩んだ時は、知りたいことを直接質問してみましょう。
あなたが理解するまで丁寧に答えてくれるなら、そのカウンセラーはあなたと相性の良い頼れる見方でしょう。




  客観的な視点を交ぜて話をしてくれる。


優秀なカウンセラーなら客観的な視点を交えながら話をしてくれます。
逆に名ばかりカウンセラーなた主観的な話や自分の気持ちや考え方ばかりを話します。
客観的な視点を交えて話してくれるカウンセラーは、データや事実に基づいて話をしてくれます。
例えば、「朝は気分が落ち込むのに夜になると何ともなくなる」という悩みに対して「そんなに気にする必要は無い」「仕事に行きたくないからでは?」という話し方は主観的です。逆に逆に「それはこうゆう症状で…」など具体的な説明をしてくれるのが客観的な話しだと判断すると良いでしょう。




まとめ


今回は、心理カウンセラーについて、社会的立場、人格、カウンセリングのスキルなどいろんな角度から解説してみました。カウンセリングについての知識を深めたい方など、参考になりましたか?人の悩みやストレス、苦しみや悲しみというのは人それぞれです。悩みを抱えていらっしゃる方の中には、「誰かに相談したい」「答えを教えてほしい」という気持ちを持っている方も見えます。そんなときに頼りになるのが心理カウンセラーです。心理カウンセラーは、悩みを抱えてらっしゃる方の心に寄り添い、プロの技術で話を聴いてくれて心を援助してくれる心のプロです。実際に心理カウンセラーによるカウンセリングを受けて、悩みが改善されたり心が軽くなったという方は多くいらっしゃいます。ただし、カウンセリングというのはまだ情報が展開されていないサービスでもありますので、ご自身でいろいろと調べてから受けた方がいいサービスでもあります。そんなときは、こちらで紹介したページを参考にして、ご自身にとって最適な心理カウンセラーを選ぶようにしてください。環境選びがご自身の幸せにつながっていくように、心理カウンセラー選びがご自身の心の幸せにつながっていきますので。





「カウンセリングメンタル」を業者に依頼するといくら?