サマッチ

他のカテゴリの知恵袋を探す

はじめての方へ

デザインアンテナの費用やデメリット・その対策について



近年、テレビアンテナはデザインアンテナが主流となりました。
しかし、デザインアンテナを自宅に設置するにはどのくらいの費用が必要で、どういったデメリットが存在しているのか、よく分からない事が多いと思います。
ここでは、デザインアンテナを設置する時の費用とデメリット、その解決策を踏まえて詳しく見ていきましょう。



そもそもデザインアンテナって何?



「テレビアンテナ」と言われたら、あなたならどういう形を思い浮かべますか?
恐らく多くの方が、屋根の上でワイヤーで引っ張られた魚の骨のような形をしている、八木式アンテナを思い浮かべると思います。

しかし、現代主流のテレビアンテナの形はデザインアンテナとなって、その形は大きく変化しています。
平面で薄型の形をしており、屋根上よりも外壁やベランダに設置しますが、従来の八木式アンテナと同様にテレビを見る事が出来ます。

そして何と言っても、家の外観を損なわないのがデザインアンテナ最大の魅力です。
近年、デザイナーズ物件などが増えてきて、オシャレな外観の家が増えてきました。
そういった家のデザインに合うように作られたのが、このデザインアンテナです。
カラーバリエーションも豊富で、支柱やワイヤーも見えないので、非常にスタイリッシュにアンテナを設置出来るのが特徴です。



デザインアンテナを設置する時の費用は?



最新のデザインアンテナは、見た目が非常にスッキリしていて、新築の場合ならなおさら魅力的と言えます。
しかし、ここで気になるのはやはりその設置費用です。
それぞれ内訳を出しながら金額を見ていきましょう。



  デザインアンテナのみの設置費用


10,000円(アンテナ本体)+25,000円~30,000円(工事費)

合計35,000円~40,000円



  デザインアンテナとブースター取り付け費用


本体取り付け費用+13,000円(ブースター取り付け費用)

合計48,000円~53,000円



都心であったり、放送局、電波塔が近くにある場合はブースターの設置は必要ありません。
それ以外の地域では、ブースターを取り付けないと電波が正しく受信されず、テレビの映像が乱れたりと様々な障害が発生します。



デザインアンテナにはデメリットがある?


外観を損なわずに取り付ける事が出来るのが魅力的なデザインアンテナですが、デメリットも存在しているのが事実です。
一体、どんなものがあるのでしょうか。



  受信感度が低い

屋根の高い位置に固定出来た八木式アンテナに比べて、外壁やベランダ、あるいは屋内に設置するデザインアンテナはどうしても受信感度が低くなります。
都心部であれば、それほど気にする必要はありませんが、地方や家の周りに大きな障害物が立っている場所に住んでいる方にとっては、それだけで受信感度が低くなるので、デメリットとなってしまうのです。



  設置場所が限定される

デザインアンテナを家の外壁に固定する場合、放送局や電波塔がある方向の壁に設置しなくてはなりません。
ですが、隣の住宅の兼ね合いで適正方向にアンテナを設置する事が出来ない場合は、アンテナを固定する場所が限られてしまい、正しく電波を受信する事が不可能になってしまう可能性もあります。



  設置費用が高い

前述した費用の所からでも分かるように、取り付け費用がやや割高です。
八木式アンテナの場合、ブースター込みで30,000円あれば設置する事が出来ますが、デザインアンテナは+20,000円程必要になり、トータルで50,000円前後の費用が必要になります。



  DIYでの設置が極めて困難

工事費がどうしても高額になってしまうため、自分で取り付けて工事費を節約したいと思うかもしれません。
しかしデザインアンテナを設置するには、専用工具で家の壁に穴を開けて、固定金具でしっかりと取り付ける必要があります。
尚且つ、アンテナを適正方向に向けて配線加工を施し、テレビに繋いで受信レベルが適正値になっているか確認しないと正しくテレビが映らないのです。
よほど腕に自信がある方なら出来ますが、慣れていない人にとってはかなり難易度が高い作業なので、DIYはハードルが高くなってしまうのです。





デザインアンテナのデメリットは解決出来る!?


これだけのデメリットがあると、デザインアンテナの設置を躊躇してしまうかもしれません。
しかし、これらのデメリットを解決出来る方法も存在しています。



  受信感度が低い場合はブースターを使う



受信感度はその地域によって大きく異なります。
都市部よりも山間部の方が感度は弱くなりますし、微調整が出来ないデザインアンテナだけでは、受信レベルを適正値まで上げる事は出来ません。
そこで、受信した電波を増幅させるブースターを使用することで、受信感度を上げる事が出来ます。



  設置場所に困ったら屋根裏設置も可能


隣の住宅や様々な事情で外壁にアンテナを固定出来ない場合は、自宅の屋根裏に設置することも可能です。
そうすれば、隣の家を気にする必要もなく、外からは全くアンテナの姿を消すことが出来るので景観が美しくなります。
1つ目のブースターが必須にはなってきますが、家の外観やデザイン性にこだわる方には特におススメです。



  費用を少しでも安く抑えて損をしない方法


いくら機能や見た目が良くても、費用の問題は非常に大きなものです。
専門業者に依頼するのが1番効率が良く、そのためには口コミや評判が良い業者を選ぶ事が何よりも大切です。
優良な業者は不当な追加請求や、相場ではあり得ないような高額な金額表示もしません。
アフター保証や耐久性も優れているため、余分な出費をしなくて済むのです。



安心出来る業者ってどこで探せば良いの?



対策が分かっても、いざインターネットでデザインアンテナや取り付け業者を検索すると、非常にたくさんのサイトが出てきます。その中から1つずつ見比べて業者を選んで、デザインアンテナを取り付けるのは正直面倒ですよね。

そんな時は業者比較サイトのサマッチを利用してみませんか?
サマッチには多数の専門業者が登録しており、口コミ、評判、評価などを比較して、ご自身の予算や希望の費用で作業をしてくれる業者を比較することが可能です。

気になる業者を見つけたら、そのままサマッチからオンライン予約も出来ますので、忙しい時でも簡単に効率よく最適な業者を見つけることが出来るので、ぜひ利用してみては如何でしょうか。


「アンテナ工事」を業者に依頼するといくら?